■ゑしんミュージアム展示概説
  「ゑしんの里記念館」内に常設された「ゑしんミュージアム」は、浄土真宗の開祖・親鸞の妻、恵信尼の資料展示を行っています。展示内容の詳細は下記の「ゑしんの里記念館」のホームページを参照していただくとして、ここでは各展示資料の製作経緯などを簡単に記します。
          ゑしんの里記念館のホームページ  http://www.eshin.org/
■恵信尼石塔の解説
  「ゑしんの里記念館」に隣接して残る恵信尼石塔の解説では、監修の松野純孝先生(上越教育大学元学長)及び宮腰英武先生(元板倉町史編纂室長)にご教示をいただき、特に宮腰先生からは、石塔発掘(下左1)や廟所整備当時(下左2)の貴重な写真を提供してもらいました。また、千葉乗隆先生(龍谷大学元学長)からは石塔発見当時(下左3)の写真等を提供いただきました。

  「恵信尼文書」第七通と第八通によれば、恵信尼は晩年に五重七尺の石塔を建てようとしていたことが分かります。また第九通には手紙の発信地として「とひたのまき」と付記されていることから、恵信尼の石塔の場所については、数々の説が出されています。その代表的なものをあげると、「板倉区上沢田字とよ田」、「妙高市大字飛田」、「清里区赤池字鳶田」、「板倉区坂井・長塚の字飛田」、「妙高市美守」、「板倉区米増字とよ田」などがあります。
■親鸞・恵信尼・覚信尼の肖像画
  親鸞の肖像画「鏡御影」(西本願寺蔵)と恵信尼の肖像画「恵信尼像」(龍谷大学大宮図書館所蔵)は、既販の複製をミュージアム仕様に表装したものです。これらの肖像画の他に、親鸞の手紙等の既販複製では「同朋舎メディアプラン」の多大な協力をいただきました。また表装では京都の経師「大入」にご無理をしていただきました。親鸞肖像画では、展示換え用にもう1幅、「安城御影」(西本願寺蔵)を製作しています。
  また、親鸞と恵信尼の末娘にあたる覚信尼の肖像画は、板倉の地元、「福因寺」に残されていたものを、日本で唯一コロタイプ印刷での複製を行っている「便利堂」により複製2副を製作し、1幅を「福因寺」に寄贈しました。
■恵信尼伝絵
  「恵信尼伝絵」は「ゑしんの里記念館」開館にあたって、恵信尼の生涯を分かりやすく綴った伝記絵を新たに制作したものです。伝絵の内容に関しては、松野純孝先生の監修を仰ぎ、千葉乗隆先生のご協力を得て決定しました。また伝絵の各場面は、平安末期から鎌倉期の伝記絵巻、「法然上人絵伝」・「善信聖人絵」・「本願寺聖人伝絵」・「慕帰絵」・「一遍聖絵」・「遊行上人縁起絵」等を参考に、恵信尼の生涯を物語るように、PC上で画面の再構成を行いました。
  また実際の肉筆絵巻制作では、予算のないなか、京都の大和絵師、藤野正観氏に多くの協力いただき、氏の筆により完成を見ました。全長7mにもおよぶ絵巻物の壁掛けパネル制作では、絵巻の表装を担当した「タツヤ」、何度も手直しをしていただいたパネル製作の「ヨシダ宣伝」の方々の協力無くしては出来ないものでした。(「ゑしんの里記念館」ホームページの「恵信尼伝絵」を参照。)
■恵信尼・親鸞年表、恵信尼文庫
  恵信尼・親鸞の年表に関しては、「ゑしんの里記念館」ホームページの年表頁を参照ください。確定できない項目については疑問形で記載しています。
  また恵信尼文庫は、恵信尼研究の一助となるよう、恵信尼に関する文献を30冊弱集めたものです。心残りは、鷲尾教導著「恵信尼文書の研究」(初めて恵信尼の書状を公にした研究書)を入手できなかったことです。どなたか寄贈していただける方が現れると良いのですが。
■恵信尼文書(恵信尼消息)、親鸞書状等
  恵信尼文書の原文と現代語訳は、松野純孝先生と大場厚順先生によって作成されました。現代語訳は原文にかなり忠実に訳されていますので、下記より参照ください。

        ・恵信尼文書、原文・現代語訳(「ゑしんの里記念館」ホームページ)
        ・恵信尼消息、現代語訳(千葉乗隆先生のコラム、参考まで)

  また「善鸞義絶状」は高田専修寺の、「親鸞書状類(今御前の母宛て)」・「親鸞書状類(ひたちの人々宛て)」・「覚信尼譲状」は西本願寺の許可を得て、複製を製作しました。これらの書状は通常見ることのできないものですので、記念館にお出かけの際は是非ともじっくりとご覧ください。
■映像展示
  映像展示では、下記の3つの動画を作成しました。
        ・恵信尼の生涯と人物像 〜松野純孝先生に聴く〜
        ・親鸞の妻恵信尼 〜千葉乗隆先生に聴く〜
        ・恵信尼・親鸞−越後の旧跡を訪ねて
上記の2つは、長年に渡って恵信尼を研究されえてきた学者の方々に、一般の方々にも分かるように、恵信尼について語っていただきました。また「恵信尼・親鸞−越後の旧跡を訪ねて」は上越市に残された恵信尼・親鸞の旧跡を紹介するものです。映像制作にあたっては、上越市高田にある「バーツ・プロダクション」に多大な尽力をいただきました。
Reproduction in whole or part without permisson is strictly prohibited.
Copyright AALab, 2006