■施設概要
  2011年5月に開館した「金沢海みらい図書館」は、金沢市西部地区では初となる市立図書館で、金沢外環状道路の海岸線と金沢港線が交差する寺中町交差点の角に位置します。建築は地上3階、一辺約45m・高さ約18mの直方体で、外壁には約6千個の丸窓が埋め込まれ、天井高12メートルと吹き抜け空間に、この丸窓から自然光が取り入れられています。

■プロジェクト解説
  設計を担当したシーラカンスK&Hの依頼を受けて、4方の外壁に埋め込まれる丸窓の大きさや配置を、プログラムによって検討しました。丸窓の配置は規則的な繰り返しにならないように、「1/fゆらぎ」を採用しています。
Reproduction in whole or part without permisson is strictly prohibited.
Copyright AALab, 2011