Reproduction in whole or part
without permisson is
strictly prohibited.
Copyright AALab, 2002
■ 概 説
 鹿児島市の中心を流れる甲突川には、かつて5つのアーチ石橋が架かっていました。 この五石橋は、江戸時代末期に名石工、岩永三五郎によって架橋されたものです。 しかし、1993年8月の集中豪雨による洪水で、そのうち2つの石橋が流失してしまいました。 そこで河川改修のため、他の3橋の撤去が決まりましたが、市民の保存運動がおこり、 残った石橋は、文化遺産として移設保存することになりました。現在、石橋記念公園には流失を免れた西田橋、高麗橋、玉江橋の3橋が移築保存され、石橋記念館には、かつての五石橋に関する資料や、石橋にかかわる資料が展示されています。


http://www.seika-spc.co.jp/ishi/